So-net無料ブログ作成

ふたり [映画]

尾道に行ってきたら急に観たくなって、「ふたり」のDVDを購入。
主な目的は尾道の街の追体験だけど、改めて「ふたり」は良い映画だなと思った。
ずっと前、映画ではなくNHKで放送された版を観たのだけれど、尾道の街並みとピアノの発表会の場面が記憶に残っていた。
記憶にあったノヴェレッテンだけでなく第九も効果的だし、テーマ曲の「草の想い」も印象的な曲。
私はどうも、この年頃の少年少女が出ていて、歴史のある古い街並みをきれいに描いていて、音楽の使い方が効果的な映画、というのに弱いようです。
自分の手足を扱いかねているかのように歩き方さえぎこちない不器用な妹の実加と、屈託のない優等生と思われていたけれど、実はいろいろな想いを残して亡くなった姉の千津子と、ほんとうに「ふたりでひとり」で成長していく物語。

出演している女の子たちはみな初々しくて可愛い。
この時の石田ひかりには華があって、輝いていた。こういうのは時分の花かもしれないけど、花は花。
「プロの女優」として見るならば、姉の石田ゆり子のほうが長く一線にいるし、今は良い女優だと思うのだけど(どうしても姉妹って比較してしまう)、少女期の輝きばかりは演技力や経験では出せないもの。
とはいえ、長く一線にいることも、一瞬の輝きを放つことも、どちらも俳優としては幸せなことだと思う。どちらも出来ない人のほうが多いわけだから。

ふたり デラックス版

ふたり デラックス版

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2002/02/22
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。