So-net無料ブログ作成
検索選択

探偵事務所5 [映画]

探偵事務所5」のDVD-BOXを買いました。
一旦はネットで予約したのだけれど、帰宅が遅れると受け取れないのでキャンセルし、大手のCD店にて一日早く入荷しているのを入手しました。
こういうことに関してはどうもイレコミがきついというか、短気な性分です。

本編のほうは劇場で数回観ているので、特典ディスクの撮影日誌のことを。
(本編の感想はこちら)
この撮影日誌、監督が動き回ったり指示を出す様子をみるだけでもけっこう楽しめた。
衣装のリボンが曲がっているのを監督自ら直したりと、「ああ、頭の中のイメージに合せようとしているんだ」と思って。
林海象監督って、わりとコミュニケーションをマメに図ろうとする人のようで、かなり好感度がアップしました。
やっぱりね、映画って作りたい絵は監督の頭の中にあるわけだけど、それをビジュアル化するにはスタッフと役者にイメージを伝えなくてはいけないから、コミュニケーション能力も大事だよね、なんて思ったりした。
もちろん、そこには作りたいものへのこだわりがあることが前提だけど。
メイキングなので、当然セットの裏側も見えるのだけど、あれだけのセットを組むのはやはり映画ならではだと思った。ドラマではあそこまで凝れないでしょう。

で、お目当ての成宮寛貴。
撮影初日の挨拶では、いつになく緊張しているように見えました。
出演作のメイキングはいくつか見ているけど、挨拶の時って和やかな表情しか見たことがなかったので、神経質そうな顔をしているところを初めてみた。
撮影時はとんでもなく忙しい時期だったということで、目が大きく見えるくらいに痩せていた。
撮影が進むにつれてリラックスした表情が見られるようになったし、映画の中ではピリピリしたところを一切見せていなかったのはさすがプロです。
それから、屋台の場面のリハーサルで「『はっきりと悪いことをするなんて』って普通は言わないから『堂々と悪いこと』にしますね」と台本を見ながら確認をとっていたのも好感が持てた一面。言葉の意味や語感を大切にする人なんだな、と思って。
成宮君もそうだけど、瞳役の貫地谷しほりも周囲の年上のスタッフへの言葉遣いとか距離感のとり方がしっかりしているところが随所に見受けられて、感じが良かったです。

成宮君が、休憩に入る時に、足で椅子を引き寄せようとして失敗してよろけてしまい、池内博之に「大丈夫ですか、見ていましたよ」といわれたところは笑ってしまった。

探偵事務所5”~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~スペシャルBOX

探偵事務所5”~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~スペシャルBOX

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。