So-net無料ブログ作成
検索選択

深呼吸の必要 [映画]


見始めるとなんとなく引き込まれてしまう映画です。
かいつまむと、沖縄の離島の「キビ刈り隊」募集に応募した5人+2人の男女の35日間の物語。
(おそらくは)日常の生活を離れて、南の島で生活できて、食事と宿舎付きでバイト料が入るなんてオイシイ、くらいの軽い気持ちだったのが、蓋を開けてみれば、当初の契約よりも労働時間は長く休みは少なく、泊まる場所は雑魚寝だしと、不満たらたらで共同生活をスタートさせる。

この物語の鍵だと思うのは、キビ刈り隊がボランティアではなく給料の出る"仕事"であること。
それが責任感とかお金の価値などを考えるきっかけになっていると思う。
途中、現代っ子の川野悦子と大学生の西村大輔が逃げ出すのだけど、悦子はその日までの給料を渡されたことで、思い直してきび刈り隊に復帰。
一方、大輔は500円の差額につられて他の家に移ろうとしたものの「こっちのほうがいいから」と平良家に戻ってくる。
移ろうとした先のどこが不満で、平良家のどこが良くて戻ってきたのかは、具体的には語られないのだけれど、「早くご飯を食べなさい」と"おばあ"に促されて食卓につき、覆いがかかっていた自分の分の食事を見て、大輔はニコッとうれしそうな顔になる(この場面が一番好き)。
その前も、ご飯をおいしそうに食べていたし、500円の差額よりも「おいしい食事」の魅力に負けたのかもしれない。"おじい"と"おばあ"の人柄はもちろんのこと。

それから、キビ刈り隊のリーダー格である田所と5人の関係も物語の核の一つ。
田所は収穫に関してはベテランで、悪気はないけど著しくデリカシーに欠ける青年。新参の5人に対してやたらと先輩風を吹かす。
若い大輔と思ったままを口にする性格の悦子は無神経な発言に敏感に反応し、ひなみ、池永、加奈子の3人も、悦子と大輔のように露骨に表に出したりはしないものの、当惑はしている。
ある晩の夕食後の雑談で、田所は全国の農家を渡り歩き、行く先々で頼りにされていることを語り、それがきっかけでもともと先輩風を吹かすことに強い不快感を抱いていた大輔に噛み付かれてしまう。
「住民税とかどう払っているんですか?」「逃げているのはあんたのほうじゃないですか」と。
一気に場が気まずくなって、年長の池永が機転を利かせて持ってきた花火によって救われるのだけど、ここで、5人と田所に対する見方がそれまでと少し変わってくる。
この「住民税」という現実的な台詞に意表をつかれました。
この場では、田所を追い詰めた後、大輔自身の挫折も明るみに出されてしまうのだけど、集まってきた5人が離島のキビ刈り隊に応募した動機が日常生活からの逃避といえばそのとおり。
でも、5人は基本的には地に足がついている人たちなんですね。住民税のことを気にするくらいに。
だからこそ悩むというのか。
一方、田所は毎年、島にキビ刈りの手伝いに来る常連で顔もきくけれど、島の住民ではない。
キビ刈りの季節以外は仕事もないだろうし、キビ刈りの給料で残りの一年を暮らすことは不可能で、一年のうち35日を留守にできる定職なんてまずあり得ないから、定職についていたらキビ刈り隊への参加はできない。
全国の農繁期を渡り歩いているというのは納得がいくし、島に定期的にキビ刈りに来ることが可能な理由もわかるけれど、そうなると定住場所はないわけで、言うなれば根無し草。
私自身がわりと具体的なことがフッと気になる傾向があることもあって、大輔の「住民税は・・・?」という台詞には、とてもリアリティがある・・・なんてことを考えながら見ていました。
この後、大事件が起こったりするけど、個人的に特に印象に残ったのはここ。

谷原章介、成宮寛貴長澤まさみが出演しているけど、劇場で予告を見た時は、タオルだのキャップだの、長澤まさみにいたってはキャディさん帽子と臙脂のジャージ姿で、「ムダに美男美女が出ている」と思ったものでした(笑)。
でも、こういう静かな映画を出演作に選ぶあたりに役者の良心みたいなものを感じる。
見始めた動機は正直、俳優目当てだったけど、見終わった感想としては、全体的に「志の高さ」を感じる気持ちの良い映画だと思う。
宮古島に行ってキビ刈りするのも悪くないかもねと(ちょっとだけ)思わされた。

深呼吸の必要

深呼吸の必要

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2005/01/28
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。